2012年11月04日

首脳陣一新

2012banner2.gif



「時間」は色々な問題を解決してくれるものですが、逆に、「時間」の経過とともに積み重なり濃縮されていくものもある。
昨日は「やりきった」感のほうが強く、悔しい想いを上回っていましたが、一晩寝て起きたら、やっぱりすごく悔しくて(笑)。
当分の間、テレビのスポーツニュースは見れそうもありません(心が狭いのぅ)。
ただ。もう本当に悔しいとかなんとか、2012年を引きずっている暇もなく、ファイターズは2013年に向けて動き出しています。


ファイターズニュース.gif
本日付で、3人のコーチと、2人の選手と来季契約を結ばないという球団発表がありました。
これまでに発表された情報を合わせてまとめると、以下のコーチ・選手は来季ファイターズのユニフォームを着て一緒に戦うことは叶いません。

2012退団情報.jpg


2005年に就任した福良ヘッドコーチを筆頭に、2006年から在籍した大村コーチ、2008年から5年間指導してくれた清水コーチ、真喜志コーチ、吉井コーチ。
ファンにとっても“なじみ”のコーチたちがいなくなるのは、ひどく淋しく不安ではあります。
ただ、通常は監督が変われば首脳陣も一新するものであり、むしろ、監督が変わったのにコーチ陣がほとんどそのまま残っていた今年が異例でした。
「新人」監督だった栗山監督も、1年間チームを率いてきて、選手のことも色々把握できたでしょうし、監督自身が「やりたい野球」もあると思います。
共有できる野球観を持ち、新しい知識と経験をもたらしてくれるコーチング・スタッフのサポートで、より強いファイターズを作ろうとしているのだろうし、選手にとっても、今までとはまた違った視点で指導してくれるコーチからは新しく学べることが必ずあるはず。
どうか。
退団されたコーチたちと同じような、良き指導者がファイターズにやってきてくれますように…。

特に重要なのは投手コーチだと思っています。
ファイターズを支えているのは投手陣、中でもリリーバーたちの奮闘なくしてこれまでのチーム成績はありえませんでした。
そのリリーバーたちを育て、彼らがマウンドで実力を発揮できるように心を砕いてくれたのが吉井コーチ。
いまブルペンの主力となっている投手たちは、宮西を筆頭に、ほとんどが吉井コーチのもとで育ってきた若い投手ばかりです。
また、メジャー経験があり、英語で直接コミュニケーションを図れた吉井コーチの存在は、外国人投手たちにとってもひじょうに大きな存在だったと思います。
チームを去ってしまうのはとても残念です…。
今後、どのような道に進まれるのかまだわかりませんが、吉井さんの心はきっといつまでも「投手」そのものなのだろうなぁと思うし、そのままでいてほしいです。
指導者を続けるならば、やっぱりいつまでも「投手の味方」で。
(監督とケンカになるかもだけどw)
5年間、本当にありがとうございました。


まだ球団から発表されてはいませんが、スポーツ新聞などを見る限り、今後もいくつかのお別れが待っているようです。
何度繰り返しても切ない季節ではありますが、別れがあれば出会いもあり、そうやってプロ野球チームは「次」へと進んでいく。
あぁ。タフにならなくては。



続きを読む
posted by こなつ at 23:59| 2012オフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。