2012年11月15日

「攻め」の人事

2012banner2.gif




ファイターズニュース.gif
◆ファーム監督・コーチ退任のお知らせ

北海道日本ハムファイターズでは五十嵐信一ファーム監督(53)と川名慎一ファーム外野守備・走塁コーチ(42)の退任が決まりましたので、お知らせいたします。


◆紺田選手現役引退のお知らせ

このたび、北海道日本ハムファイターズの紺田敏正選手(32)が今シーズン限りで現役を引退することとなりましたので、お知らせいたします。

<紺田選手コメント>
「このたび10年間の野球生活に終止符を打ち、引退することを決意いたしました。今まで支えてくださった監督、コーチ、チームスタッフそしてチームメイトに対して感謝の思いでいっぱいです。ファイターズファンの皆様の温かいご声援のおかげでここまでプレーすることが出来ました。本当に有難うございました。在籍中に日本一とリーグ優勝を経験できたことは自分にとって大きな財産となりました。この経験を次のステージに生かしていきたいと思います」


これらを受けて、来季ファームの首脳陣は大きく変わります。

◆2013ファームコーチングスタッフについて

北海道日本ハムファイターズでは、2013年シーズンのファームコーチングスタッフが下記の通り決定しましたので、お知らせいたします。なお、1軍コーチングスタッフについては、後日お知らせいたします。

2013コーチングスタッフ.jpg

日本一は逃したものの、リーグ優勝したチームが、大幅にコーチングスタッフを変更するのはあまりないケースだと思います。
しかし、正直、今シーズンは、「今までの財産」で勝てたようなもので、“この先”を考えたときの選手層の薄さに不安が現れたシーズンでもありました。
特に野手。
長期戦線離脱した主力野手が田中賢ひとり、それもシーズン終盤、残り30試合ほどの欠場で納まったことと、金子誠や稲葉・二岡などのベテランがほぼ休養抜きで、また、小谷野のようにコンディション不良なまま我慢してプレーを続けた主力選手たちの存在があったから、「ひとつの穴を何人かがかりで埋める」方法も成立し、最後まで戦うことができました。
けれど。来季はそうはいきません。
田中賢の退団が決定、金子誠と小谷野はオフに手術を受け、開幕には間に合わない可能性が高いですし、どちらも“古傷”ですから完璧な状態に戻すのは難しいと思ったほうがいい。
稲葉は元気とはいえ確実に年齢を重ねるし、二岡の“古傷”も完治することはないでしょう。
内野のスタメンを奪える新しい選手が待望されるわけですが、残念ながら2012年シーズンが終わった現在、誰にも“決め手”はありません。
主力たちに混ざってチームに活気を与える“若手”としてならば、杉谷も中島も西川も充分な活躍をしてくれましたが、144試合、ひとつのポジションをずっと任せられるかと言えば、足りないものが多いのが現状。
ファームで過ごしていたほかの野手たちも似たようなものだと思います。
ですから、来年は、ある程度出来そうな選手は一軍で辛抱して使いながら成長に期待し、同時に、ファームでは、彼らの次、あるいは彼らを追い越していくような“次世代”の戦士を鍛え上げていくべきシーズンと考えています。
そのための首脳陣一新。つまり、リーグ優勝した現状に満足せず、未来を見据えて「攻める」人事であると信じたいです。

ただ。長くファイターズでコーチを務めてくれた五十嵐監督、川名外野守備走塁コーチの、ここにきての「退任」は正直意外ではあります。
特に、川名コーチは、北海道に移転してきた年からずっとファームで同職を務めており、現在「12球団一」と自負する外野陣の基礎を作ってくれたコーチのひとりだと思います。
糸井も陽も中田も、みんな元からの外野手ではないコンバート組ですから、いくら素材が良かったとは言っても、並々ならぬ苦労の末に彼らを育ててくれたはずです。
いち早く退任が発表された一軍の清水コーチに替わって、来季は一軍で外野守備走塁コーチを任されるのではないかと思っていました。
残念です。

ファームのスタッフの決定を受け、後日一軍のスタッフも発表されますが、ファームから“昇格”する可能性があるのは島崎投手コーチだけで、ヘッドコーチ・打撃コーチ、外野守備走塁コーチは新任の方が務めることになりますし、今のところ残っているコーチたちもそのまま来季残留なのかどうかは、この時期になって五十嵐監督などが退任されたこともあり、ちょっとわからなくなってきました。
「今までの財産」に頼らない、真価が問われる「二年目」を、栗山ファイターズがどのような陣容で戦おうとしているのか、楽しみに待ちたいと思います。




紺ちゃん。お疲れ様でした。
「打てればレギュラー」という夢は結局実現しないまま(瞬間的にスーパー紺田だったことはありました)、故障のために現役を引退しなくてはならなくなったのは、無念さが残ると思います。
けれど。ユニフォームはまだ紺ちゃんから離れてくれません。
スタメンにはなれなかったけれど、長くベンチのレギュラーを務める「根拠」だった、外野守備と走塁の技術を、今度は、指導する若い選手たちを通して、チームの勝利のために生かしてください。
新しい野球との付き合いを、どうか楽しんで。
これからも一緒に戦っていきましょう。
頑張れ!紺ちゃん!!(コーチにちゃん付けは失礼かなぁw)




続きを読む
posted by こなつ at 23:59| 2012オフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。