2008年12月16日

スポーツ新聞を読む心構え

ブログランキングバナー(青).gif
人気ブログランキング(野球)に参加しています。
1日1回のクリックにご協力いただけると嬉しいです。



ハム田中1億突破「ひちょりと1番争う」

 日本ハム田中賢介内野手(27)が15日、リードオフマンの座の「略奪」を来季構想として明かした。札幌市内の球団事務所で6500万円増、自身初の1億円の大台突破となる年俸1億4000万円(推定)で契約を更改した。今季は打順1、2、3番をチーム状態に応じて任されたが、1番への興味を示唆。森本の定位置で、2番打者としてコンビを組んできたが、実力行使での“解散”を狙い10年目の来季へ挑む。

 胸に秘めた野望を、少し遠慮気味に披露した。田中が青写真をすでに描いていた。今季は核弾頭、つなぎ役、中軸を兼務。今季経験した3択から選んだ09年の希望プランは、1番定着だった。「打線の雰囲気をつくれる。積極的に(試合の)流れを持っていける」。ひちょりを気遣ってか、慎重に言葉を選んでいたが、すでにターゲットは決まっているかのようだった。

 新境地への挑戦になる。昨季まで2年間は、不動の2番。06年の44年ぶり日本一、07年はパ・リーグ新の58犠打で球団史上初の連覇達成、快挙連発の2年間の象徴だった。躍進の要因になった前監督で、米ロイヤルズ・ヒルマン監督が成功させたスモール・ベースボールの申し子だった。今季は役割の違う3パターンの打順を経験。気持ちに変化が出た。

 チーム貢献が第一だが、さらに自分を高めるための脱皮を目指す。「2番は全体の動きを見ないといけない。自己犠牲ですから」。今季はチームでただ1人、144試合フルイニング出場した。3番が最多で88試合、2番が39試合、9月からは不振のひちょりに代わり17試合で1番に抜てきされた。打率3割4厘と及第点だが「出塁率、盗塁をもっと増やしたい」早くも自覚十分だった。

 この日は特に安定した守備を高評価、攻守にフル稼働したことが認められ大幅アップで、年俸1億円の大台に初到達。「今年は負けてみて初めて優勝っていいな、と思った」。2番定着で他球団も警戒していた名コンビ解散での逆襲のため、2年連続で低迷している打線のかじ取り役に立候補した。選手会長就任などの肩書、年俸と増えるばかりのオフだが、打順は1つ減らしたい。



「打線の雰囲気をつくれる。積極的に(試合の)流れを持っていける」
という田中賢介の発言(ほぼこれに近い内容の発言)ひとつを軸にして、“リードオフマン略奪構想”という「物語」を描きだした力作。
青文字で表した「事実」に、赤文字で表した、記者がその慧眼で読み取った「隠れた真実」を巧みに組み合わせ、
「選手会長就任などの肩書、年俸と増えるばかりのオフだが、打順は1つ減らしたい。」
この会心の“オチ”に向かって筆は快調に滑り続ける。

ちなみに問題の発言部分だが、スポニチ北海道版によるとこうだ。
今季1〜3番を任されたが、「1番は雰囲気や流れをつくれる。2番は全体を見ながら自己犠牲が多い。いろんな楽しみがある」と、どの打順にも乗り気。

もちろんどちらの記事が「正しい」などとは言えないが、少なくても賢介自身の口からは「1番を打ちたい」という発言が出ていないことは確実と思われる。
言っているのならそのまま書けば、なにも面倒くさいことをしなくても「リードオフマン略奪構想」は説得力を持って完成するのだから。


こういう記事を読むたびに思う。
スポーツ新聞は報道とは違うのだから、書いてあることをそのまま事実だと思ってはいけない。
常に書き手が「何をほのめかしたいのか」を疑いながら読まないと、まんまと誘導されかねない。
気をつけよう。





きょうもけんすけ.gif

白井さんのブログから。
また昨日は、田中賢介選手が1億4千万円+出来高の契約を結びました。
昨年は武田久、森本選手が1億円を突破するなど、鎌ヶ谷のファーム育ちの選手が、1億円プレーヤーとして一流選手の仲間入りをしたことは、本当にうれしい限りです。
残念ながら今回の侍ジャパンには選出されませんでしたが、田中賢介選手の守備、走塁能力は、十分な資格のある選手です。
また、プレッシャーコントロールの優れた選手ですので、その意味でも貴重な存在です。
知れば知るほど、使えば使うほどに良さの解る選手だけに、外からでは評価が難しいのかもしれません。
しかし、来年からは選手会長にも就任して、チームを引っ張る立場になります。
常に全力で、そして万全の準備を整え、チームの勝利を最優先する、まさしくファイターズ野球のすべてを兼ね備えた選手ですから、優勝奪回に必ず貢献してくれると思います。
来シーズンが楽しみですね。



今回の大幅アップ自体がおそらく他球団のファンや、もしかしたらファイターズファンにとっても「そこまで?」という驚きを与えたのではないかと思っています。
(実際私も周囲から「何で?」「どの辺が?」という質問をいくつも受けましたw)
「外からの評価」を左右するのは、ひとつには数字であり、もうひとつは印象です。
賢介の「数字」に飛びぬけたものはありません。
スポーツ紙などで普通に紹介される、打率・打点・本塁打等の「数字」だけ見れば、まぁまぁ良い選手だなという程度の評価でしょう。
けれど、通常指標であっても各部門について詳細に見ていけば、ほとんどの部門において高いレベルを示しているし、セイバーメトリクス指標を加えると、高い評価に値するだけの総合的にきわめて優秀な「数字」もきっちりと残しています。
しかし。総合的に高いレベルにあっても、飛びぬけたものがなければ「印象」には残らない。
守備、走塁の場合はさらに難しく、ほとんど「数字」に現れないし、よほど劇的な場面での劇的なプレーでなければ「印象」に残りません。
特に守備では、ファインプレーはあっても稀でなおかつ外野手の補殺のような派手さはないし、二遊間の腕の見せ所である併殺プレーなどは、きわどいタイミングでもきっちり「取る」のが当たり前になっていることが、かえって「印象」を弱くしていると思います。
つまるところ。
“単体として”の賢介は、働きの大きさに比べて「印象」として地味な存在です。
1億4千万円の年俸は驚きだろうし、日本代表チームの選考の上でも他の「印象の強い」選手たちに比べれば落としやすい選手だったと思います。
もったいない話ですが。

ダルビッシュや稲葉に2億円や3億円の評価をするのは、どのチームでも同じでしょう。
ただ。賢介をぽんと1億円プレイヤーにするのはファイターズだけかもしれません。
だからこそ、「外から」では理解しがたい高評価を受けた選手が実際にチームを優勝へ導く活躍をするならば、それはファイターズ野球そのものの勝利と言えると考えます。
そして。優勝という「結果」が今度は逆に選手を照らす「評価」となります。
地味であっても確かな価値が「外から」も認められるには、やはり「結果」が必要です。
賢介や賢介に続く“ファイターズ野球の申し子たち”が、「外」でも正しく認められる存在になることが、ファイターズの野球が大好きなファンとしての私の望みです。

来年は大切。
もちろん賢介が一番良くわかっていることでしょう。
頑張ろう!賢介!!


お願いバックスクリーン.gif
人気blogランキング(野球)に参加中です。
↑このブログが面白いと思ったらクリックお願いします↑



posted by こなつ at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 野球一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
スポーツ氏のたわごとは置いといて、
一番田中は当然の方向性だと思いますけどね。
これまではいい2番がいないので田中二番でしたが、二岡入りましたので、田中二岡でいいのでは?
森本が調子よければ二番もりもとでもいいのですが。
いい打者はつなげる、前のほうに持ってくるのが一番ですよ。
田中二岡稲葉高橋(ボッツ)スレッジ、
四番が弱ければスレッジを入れて、
森本がよければ
田中森本稲葉二岡スレッジ、こんな感じでは?
積極的に動くチームだから、とにかく前を厚く強くだと思います。

Posted by 一応巨人ファンです。 at 2008年12月17日 18:57
◆一応巨人ファンです。さんへ
二岡「2番」ですか。そういう発想はなかったです。面白いかも。
まだ守備位置を含めてのつめたオーダーは考えていないのですが、中軸を「稲葉・高橋・スレッジ」にして、その後ろに二岡かな、とは思ってました。理想としては「賢介を2番においても”もったいない”感じがしない打線」を組みたいのですが(笑)、現状無理なので「1番賢介」は当然ありだと個人的には考えています。色々な意味で森本次第でしょうか。
Posted by こなつ at 2008年12月18日 02:39
忘れるも何も、彼はプロ生活の多くを2番として過ごした選手ですから。
来年の巨人は二番無しできついですよ。
バントもこなすし(巨人にはこれがなかなかいない)基本右打ちだし、巨人の感覚では2番でこそ生きる選手ですよ。
ハムにいけばむしろパワーヒッターかもしれないけど。


ついでに言うと、彼のサードは相当下手です。
前のダッシュがツーテンポほど遅れます。
しっかりキャンプで練習させれば改善できるとは思いますが、基本足が弱い選手なのでしごきすぎて壊さないようにお願いします(笑)。

「賢介を2番においても”もったいない”感じがしない打線」
そんなにいい一番をさがすと、今年の出来だと赤星福地川崎ですね。
まあ無理でしょう。森本か糸紺を9番にして裏一番にするくらいかな。
こういうときDHって楽ですね。ただ私はDH無しで9番で切れるくらいのほうが、打順の色が明確になって面白いのですが。
Posted by 一応巨人ファンです。 at 2008年12月19日 04:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。