2012年10月22日

リーグ・チャンピオンとして

2012banner2.gif



セ・リーグのCSファイナル・ステージは、ドラマティックな結末となりました。
圧倒的な成績でリーグ優勝を果たしたジャイアンツでしたが、CSでは2位ドラゴンズ相手に初戦から三連敗。
しかし。
もう後のない崖っぷちで踏みとどまり、最後はぐいっと押し返しての3連勝。
アドバンテージの1勝を加え通算4勝3敗で、日本シリーズ進出を決めました。
さぁ。おいでませ、ジャイアンツ。
セ・リーグ王者とパ・リーグ王者、真の日本一決定戦が待っている。
楽しみです。
リーグ・チャンピオンとして臨むCSには、リーグ優勝の価値を守るために「負けられない」プレッシャーがありますが、日本シリーズには、ただ強い相手を打ち負かしたい、勝ちたい、一番になりたいという、漲る闘志だけでいい。
相手にとって少しの不足もなし。
全力で立ち向かっていってほしいと思います。


ところで。
ファイターズが3年ぶりの日本シリーズならば、ジャイアンツも同じく3年ぶり。
つまり、お互いに前回対戦した2009年以来初めての日シリ進出で、再び相まみえることとなりました。
これも何かの因縁なのかもしれません。

2009年の日本シリーズをざっとおさらいしてみると。
この年はパ・リーグの本拠地から開幕。
札幌ドームで行われた第1戦は、武田勝が先発。惜しくも3-4で敗戦。
わずかな守りのミスが勝敗を分けました。
第2戦は、この年終盤から臀部の故障により登録抹消されていたダルビッシュが42日ぶりの先発登板。
それでも。いつもとは全く違う、カーブ主体の投球でジャイアンツ打線を翻弄し、勝利投手となりました。スコアは4-2と僅差でした。
舞台を東京ドームへ移した第3戦。
ホームラン6本が乱れ飛ぶ空中戦は、やはりジャイアンツに分がありました。
4-7で敗戦。敗戦投手は糸数。
第4戦は、逆にファイターズが打ち勝ったというか、11安打8得点と、打線が「つながって」8-4の快勝。勝ち投手は八木でした。
これで対戦成績は2勝2敗の五分。
そして、東京ドームの最終戦、どちらが勝っても日本一に王手をかける第5戦。
先発藤井が好投。
しかし、打線がなかなか援護できず、序盤にあげたたった1点のリードは終盤8回に追いつかれて同点。
ところが、その直後、9回表にファイターズが再び1点を勝ち越し、「勢い」も「流れ」ももちろん「勝利」も手中に収めたかと思った9回裏に、思いも寄らぬドラマが待っていました。
守護神武田久が、まさかの連続被弾で逆転サヨナラ負け。
札幌ドームに戻ってきても、余りにも劇的な展開で移ってしまった「流れ」を引き戻すことはできませんでした。
初回に先発東野投手がアクシデントで降板したにも関わらず、リリーフ陣が付け込む隙を与えなかったジャイアンツに対し、11安打を放ちながら結局無得点に終わった「つながりのない」ファイターズ打線。
スコア的には0-2の僅差でしたが、得点差以上に「勝利への距離感」が違いました。
完敗を喫した上、自分たちの「ホーム」で相手チームの胴上げを見る屈辱。
3年前は悔しい思いを味わいました…。

ただ。これが去年の話ならば「やられたらやり返す」気持ちが一番かもしれませんが、何せ3年も前のこと。
2009年のファイターズが2009年のジャイアンツに負けたというだけのこと。
ファイターズもジャイアンツも、3年前とは違います。
2012年のファイターズと2012年のジャイアンツだけが繰り広げられる戦いを、紡ぐことができるドラマを、たっぷりと魅せてほしいと思います。
今年の日本プロ野球、最後のカード。
全ての野球好きのためにも、頑張ろう!ファイターズ!!
日本シリーズだからといって、変わったことなど何もいらない。
ファイターズはどこまでもファイターズらしく。
「いつも通り」の中に光る、ファイターズの魅力をいっぱいに表現できる戦いをしてほしいです。
胸を張って進もう!
いざいざ。日本シリーズへ!!
(まだちょっと早かったかw)





一日一回のクリックをお願いいたします。

2012banner1-1.gif


posted by こなつ at 23:40| 2012ポスト・シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。