2007年03月21日

同期入団

昨日、トレードのニュースがひとつありました。
正田投手がタイガースへ、タイガースからは金沢投手がやってきます。

ぶっちゃけ。
正田投手がどういう選手だかもよく知らないにわか的ファイターズ・ファンですが。
彼はけんすけと同期入団。
少し調べたところ、今年の時点でファイターズに残っていた同期入団選手は彼らふたりきりでした。
つまり。
正田選手の移籍によって、けんすけの同期はチーム内にひとりもいなくなってしまったということです。
今日の道新スポーツに、正田投手のトレードを聞いてけんすけが絶句したという小さな記事が載っていましたが…。
だよね。

野球に限らず、プロスポーツの世界は厳しい。
どの新人選手もみな、チームは戦力になることを期待するから獲得するのだし、本人たちだって頑張ってやっていこうと覚悟を持って入団するのだ。
けれど。
みんながみんなプロとして生き残れるわけではないし、ましてや常時一軍で活躍する選手になるということは、本当に大変なことなのだと思います。
特に「将来性」を期待されて入団する高卒ルーキーたちは、日々二軍のグラウンドで汗を流しながら、遠い遠い一軍の華やかな舞台を夢見る。いや、いつか大きな舞台で活躍する夢があるからきつい練習にも取り組むことができるのでしょう。
1年目や2年目は先の栄光を夢見ることだけで頑張れても、毎年新しい選手たちが次々と入団してきます。「即戦力」となる社会人・大卒の選手たちが、あっさりと自分たちを追い越して1軍で活躍する姿も黙ってみていなくてはならなくなります。
そして。いつかの夢よりも、このまま野球選手としていられるかどうかすら確かじゃないのだという現実に直面したとき。
明るかったはずの未来が急に灰色のトンネルの中に消えていくとき。
彼らを支えるものはいったい何かというと、それは色々にあるのでしょうが、ともに苦しい日々を送る仲間の存在というのは大きいのではないかと想像するのです。
正田投手もけんすけも同じ高卒。
背番号3をもらうほど期待が大きかったのになかなか結果の出せなかったけんすけ。
新人王を獲得しながら、その後これといった成績を残せなかった正田投手。
彼らの間にどういう交流があったのかは知りません。
でも。
昨年やっと花ひらいたけんすけは、いつかは正田投手と一緒に一軍のグラウンドに立つことを楽しみにしていたんじゃないでしょうか。
正田投手にとってもまた、去年のけんすけの活躍は励みになっていたのではないでしょうか。
そう考えるとせつないトレード話ですけども。
トレードというのは、必要としてくれるチームがあるから成立するのです。
正田投手は望まれてタイガースに移籍するプロ野球選手。
チームは変わっても同期は同期。
支えあうばかりではなく、お互いの活躍を刺激にし合えるように。
ふたりとも、頑張れ!
…と思います。

posted by こなつ at 21:36| Comment(1) | TrackBack(0) | けんすけのともだち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、けんたろう@毎月100万稼ぐ男と申します。

今回はコメント廻りにお邪魔させていただきました^^

ネットで月100万稼ぐ方法をブログで解説しています。

興味があればご覧ください。

読者12000名の無料メールマガジンも配信しています。
http://www.mag2.com/m/0000214347.html

突然のご訪問失礼いたしましたm( __ __ )m

今後ともよろしくお願いいたします。


けんたろう
Posted by けんたろう@毎月100万稼ぐ男 at 2007年03月24日 06:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36524238
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。