2007年03月24日

嵐の開幕戦!〜3/24 きょうのけんすけ〜

3/24 千葉マリン
△ファイターズ 4−4 マリーンズ△
(7回表 雨天コールド)

★二番・セカンド
4打数・2安打・1打点・1三振

<3回表・先制点となるタイムリーヒット>
「打ったのは真ん中のスライダー。開幕戦なので何とか先に点が欲しかった。チャンスで打てて良かった!!」


3回に2点先制。6回に2点追加。
先発ダルビッシュもほぼ完璧な内容で好投し、「これは勝ちパターンだろう」と思ったその6回裏に、ズレータがまさかの満塁ホームランで一気に同点に…。
天国と地獄。
ふたつながらに味わったその挙句に、雨天コールドで引き分けって。
まさに「嵐の開幕戦」だった。
いやぁ〜、今年のファイターズもドラマティックな野球を見せてくれそうだ。

さて。けんすけ。
第一打席は三振。む。
しかし、2回裏の守備でセカンドにきた打球を二つ処理したことで落ち着いたと思う。
3回1死から、二塁打を放ったひちょりをスコアリング・ポジションにおいて、勝負強いところを見せてくれた。
2007年シーズン、ファイターズ初打点となるタイムリー!
いえ〜い!
5回の第三打席は、この回の先頭バッターとして登場。左へ上手く運んでチャンスメイク。
いいぞ、けんすけ!
1死後、盗塁を試みるが失敗。う〜ん、残念。
でも、ガッツのいない今年の打線を考えると、こういうケースでは自分で出塁して、自分で二塁に進んで、クリーンアップに返してもらうという、積極的に点を狙う作戦はやっていかなくちゃいけないことだと思う。
1番ひちょりが出たときはつなぎ、そうじゃない時は自分が出てなおかつチャンスを広げておく。そこまでを今年「2番・けんすけ」は考えてプレーしていくことになるだろう。それが出来ればファイターズは強いと思う。
だから、ここは盗塁成功させておきたかったなぁ。盗塁阻止率の高い里崎相手だからこそなおさら。ま、走ってくるぞというところを見せておいたことはとりあえずよかった。
6回表。2点追加してなお2死ながら2、3塁という好機に、ショートフライで凡退。今思えば、ここで一本出ていれば勝っていたかも…なんだけど、それは結果論だから。

とかく打者は開幕してヒット一本出るまでは不安だとか聞きますが、早くも2本打てて、おまけに打点までついて、個人的にはスタートダッシュに成功した感じのけんすけ。
でも。自分のことより、欲しいのはチームの「1勝」のはず!
今日は勝ってはいないけど、負けてもいない。
明日は必ず勝つぞ〜〜〜!!

posted by こなつ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のけんすけ2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。