2007年08月31日

「勝負の9月」を前に少し冷静を装ってみる

8/31現在のファイターズの成績は。
117試合 64勝49敗4引き分け 勝率.566

いわゆる“貯金”は「15」ありますが、対戦チーム別に勝敗表をより詳細に見るとこうなります。
マリーンズ戦     7勝9敗2分(-2)
ホークス戦      7勝10敗(-3)
ライオンズ戦     9勝9敗1分(0)
イーグルス戦     11勝8敗(+3)
バファローズ戦    12勝8敗(+4)

勝ち越している相手は現在5、6位にいるイーグルスとバファローズだけ。
パ・リーグでの通算成績はなんと46勝44敗3分とほぼ5割強の勝率に過ぎません。
それでも首位にいる理由はひとつだけ。
交流戦        18勝5敗1分 勝率.783

セ・リーグ相手に稼ぎも稼いだ「13」の貯金が大きくものを言っている…というよりは、ほぼそれだけで現在の地位にいるようなものです。
もちろん、どのチームも交流戦24試合の結果を含めた成績でペナントレースを争うという条件は同じわけですが。
2位マリーンズ:パ・リーグ通算45勝39敗6分(ホークス戦のみ負け越し)
3位ホークス:パ・リーグ通算49勝38敗4分(イーグルス戦のみ負け越し)

これらのチームの成績と比較したとき、仮にこのまま優勝できたとしても、ファイターズが『パ・リーグの覇者』だと胸を張って言えるでしょうか。
残り試合は27試合。
うちマリーンズ戦は6試合。
ホークス戦が7試合。
(※ライオンズ戦5、イーグルス戦5、バファローズ戦4試合)
単純に優勝争いという観点からも大切なこの2チームとの試合ですが、同時に“真の”パ・リーグNo.1となるために、どうしても勝ち越してもらいたい相手でもあります。
交流戦のおかげで首位にはいても、現状のパ・リーグに限れば、どこまでもチャレンジャーであるのが今のファイターズ。
ならば、チャレンジャーらしく、なりふり構わず「上位」2チームに食らいついていってほしいものだと思います。
それがファイターズのビクトリー・ロードになるのだから。

しかし。
なりふり構わずとは言っても、「勝負の9月」だからこそ、今はまだ冷静であるべきところは冷静に戦っていく必要があります。
先日坪井さんがヒーローインタビューで「一戦一戦、勝てる試合をきっちり勝つということだけ考えて」と発言していましたが、まさにその通りの戦い方が求められると思います。
不利な展開になった場合でももちろん最後まで勝利を諦めるべきではありませんが、そういう試合では、「する必要のない無理」をして次の戦いに悪い影響を残さないことも大事です。
その代わり、勝ちパターンにはまった試合はきっちり勝ちきること。
ファイターズのパターンは、やはり先行逃げ切り。
先発投手は最低6回、出来れば7回までゲームを作る。
その間に野手は1点ずつ得点を積み重ねてリードを取る。
そして。8回、9回は「HAMの方程式」と守備固めで「守り切って勝つ」。
この流れの中で、最も重要なのは、各所で指摘されている通り、武田久の起用方法だと私も思います。
最近何試合か、勝ちパターンにはまったゲームを「魔の8回」に逆転されて落としてしまいましたが、それは『8回の守護神』武田久を粗末に扱った罰を受け、“魔物”の跳梁を許してしまったかのようです。
武田久は、どんな場面であろうともそこを抑えるのが自分の仕事と言うでしょうが、それを言うなら、大切な『8回の守護神』を、その力が最大に発揮できるような環境において送り出すのがベンチの仕事。
中継ぎを引っ張りきれず、ピンチになればとにかく「武田久」。
ただの「行って来い!」ばかりではいくら小さな大黒柱とはいえ、たまったものではないでしょう。
8/18のマリーンズ戦では、前のピッチャーが残したランナーと共に、なんとカウント2ボールまで背負って武田久はマウンドに立たなくてはなりませんでした。
最低でもこういう使い方はもう二度とするべきではないと思います。
リードして8回を迎えたならば、回の頭から武田久で行く。
捕手も中嶋に代え、守りも固めるところは固める。
8回を抑えたら久を引っ張らず、次の9回はきちんとマイケルにつなぐ。
その方が武田久も集中してマウンドに立てるだろうし、安定した形をしっかり作って守ることは、チームに安心感と落ち着きをもたらします。
8回までつなげば守護神が待っていると思えば、その前に投げる江尻や押本などの中継ぎ陣も7回限定で全力投球できるし、最も緊張する9回を担当するマイケルもいい流れを感じながらマウンドに上がれるはずです。
闘いが厳しくなればなるほど、どこかひとつは不変の「拠り所」が大事になると思います。
武田久を粗末にするものは武田久に泣く。
『8回の守護神』を大切にすることが、きっとチームの大きな力になると信じています。

とは言っても。
『8回の守護神』が満を持して登場する「勝ちパターン」にはめるには、先発投手が粘ること、その間に野手たちが点を少しずつでも重ねることが必要です。
結局。
みんな、頑張れ〜〜〜!(笑)
だって野球はみんなでするものなのだから、そうなってしまいますね。


というわけで。
明日は旭川スタルヒン球場へ、初の道内遠征に行ってまいります。
応援頑張ってきます!


きょうのけんすけタグ2.gif
さて。けんすけ。
そろそろ暴れてもいいんじゃないかな?
「勝負の9月」に大暴れして。
“美味しいところ“を全部持っていっちゃえ!!(笑)

泣いても笑ってもあと1ヶ月、27試合。
苦しいときこそ大胆に。
思い切った「全力プレー」で道を切り開け!
開き直ってよかろうもん!

明日は初めて、屋根のない空の下で、力いっぱい叫ぶよ。
け〜んすけ〜♪



お願いバックスクリーン.gif
人気blogランキングに参加してみます。
↑このブログが面白いと思ったらクリックお願いします↑





posted by こなつ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ファン的ひとりごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。