2012年10月29日

『覚悟』〜勝利至上か、シーズンの集大成か〜

2012banner2.gif



10/28の第2戦で、多くのファイターズファンが驚いたと思うのが、先発投手武田勝に対して捕手大野というバッテリーで臨んだことです。
武田勝・大野のバッテリー自体は元々「定番」の組み合わせでしたが、今シーズンの途中、大野をファームに落としたことをきっかけに、それ以降は武田勝の登板時には鶴岡が受けるようになっていました。
それが、日本シリーズの大舞台、しかも初戦を吉川炎上、中継ぎ陣も崩壊して惨敗した危機的状況を受け、何が何でも勝ちたい試合でいきなりの武田勝・大野復活。
シーズン通をし「第一捕手」として信頼してきた鶴岡を“懲罰”的に切り捨ててでも、勝つために、まずは“守り勝てる”投手陣の建て直しを図る意図での采配なのかと思いました。
結果。ジャイアンツ打線に滅多打ちを許した鶴岡と対照的に、わずか5安打1失点に封じた大野。
では。ジャイアンツだけと戦い続ける日本シリーズの残り試合、全ての先発投手に対して大野に受けさせる“覚悟”はあるのか。
また、明らかに得点力不足を露呈している打線については、どうやって得点を取ろうと考えるか。
第1戦、第2戦とも基本的にシーズン中と打順は変わっていません。
先の長いシーズンならば、「いま」状態の悪い打者がいても、辛抱して待つことができますが、残りはたったの5試合、それもすでに2敗していますから、建て直すことが出来なければあと2試合であっという間にシリーズは終わってしまいます。
ここまでの2試合を見ている限り、打撃の状態が良さそうなのは小谷野ただひとりですから、どうにも難しいのは事実とはいえ、例えば、「2番」打者。
まったく“らしくない”打撃に終始している西川と、初戦はヒットを放ち、2戦では代打で最終的に三振はしたものの、しつこい粘りをみせた杉谷を、相手投手に左右に合わせて使い分けるシーズン通りの打順より、「いま」期待出来そうな、なおかつスイッチヒッターでもある杉谷をスタメンに、守備に不安がある西川を左の代打として思い切って一打席に集中させる、というような使い方に変えてもいいのではないかと思います。
また、死球を受けて、今日も練習が出来なかったという中田をどうするのか。
患部の状態が悪ければ出場そのものが不可能という事態もありますが、本来のスイングができないとわかっていても使うのか、使うとしたらやはり「4番」にこだわるのか、負担を軽減して下位打線に置くのか。
何よりも「勝つ」ことを一番に考えるならば、ただでさえ当たりがなく、なおかつコンディション不良の選手を「4番」に据えて、今チームが必要としている“得点力のアップ”に逆行するのは愚策でしかありません。
ただ。一年間何があろうと「4番」を任せ、将来的に日本を代表する大砲へと育てようとしてきた今シーズンがあり、日本シリーズの場でさえ、一連の“育成”過程の延長と捉えるならば、痛みをこらえながらバットを振る「4番」中田も、またアリなのかもしれません。
日本シリーズの残り試合を、何が何でも勝つ、勝利至上主義でいくのか、あくまでも2012年のファイターズの集大成と考えるのか。
それは栗山監督の「覚悟」次第。
勝つことを一番に考えるならば、実際に何もかも上手くいかなかった1&2戦を受けて、打順の変更にしろ、選手の入れ替えにしろ、作戦、指示の徹底など、やれることはまだ色々あるのではないかと思います。
特に手を打たず、今まで通り「選手たちを信じて」、辛抱して見守るのもひとつです。
いずれにしても中途半端はいらない。
ある意味では、指揮官自身の迷いや動揺がチーム全体に伝わっての2連敗のように思えます。
あなたのチームだ。
迷わず道を指し示してほしい。
そうすれば、きっと選手たちは全力で走ります。
腹をくくっていきましょう!
こちらも腹を据えて応援します。

頑張ろう!ファイターズ!!





一日一回のクリックをお願いいたします。

2012banner1-1.gif


posted by こなつ at 23:59| 2012ポスト・シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月28日

10/28 日本シリーズ第2戦〜戦う「土台」を取り戻す〜

2012banner2.gif



BB8 CS放送.gif
◆10/28 日本シリーズ第2戦(東京ドーム)

● F 0 − 1 G ○

F 000 000 000 0
G 100 000 00x 1

投手:★武田勝(6)-石井(1)-増井(1)
先発:1中陽 2二西川 3右糸井 4左中田 5一稲葉 6三小谷野 7遊金子誠 8捕大野 9投武田勝

<試合詳細はファイターズ公式サイトでご確認下さい>


負けましたが、「戦う土台」は作れたと思います。
昨日は、ファイターズらしさがまったく出せず、投手陣は崩壊、打線は、まぁ、得点力不足はいつものこととはいいながら(笑)それにしてもあまりな3安打。
攻撃では犠打失敗、守っても記録には残らなくても実質的にはエラーのようなプレーもあり、大切な局面で「やるべきこと」がひとつも出来ない、戦いようのない野球でした。
自ら差し出してしまった「流れ」に乗って、ジャイアンツが怒涛の勢いで迫ってきても不思議のない状況で迎えた今日の試合。
相手の前に立ちふさがり、勢いをせき止めてくれたのは武田勝と大野のバッテリーでした。
立ち上がり、いきなり先頭打者に先制ホームランを浴びたときには、「このまま一気に押されるか」と思いましたが、冷静さを失わず、かつ勇気を持って、後続を断つと、以降6回まで許した安打はボテボテの内野安打と守備のまずさが生んだ二塁打を含む3本のみ。
特に、ジャイアンツ打線の中軸を担う坂本選手・阿部選手、そして、昨日大活躍でシリーズの「ラッキーボーイ」となりそうだったボウカー選手を完全に封じ込めてくれたのは、次戦以降を考えても大きな仕事だったと思います。
長野選手に打たれたように、甘く入れば多少バットの先でもスタンドへ運ばれてしまうような球質にもかかわらず、それでも打たれないように磨きをかけてきた自分のピッチングを最後まで疑ったりしないで、「いつも通り」にボールも精神もコントロールしていた武田勝。
ファイターズの誇りです。
武田勝が作ってくれた「流れ」のまま、石井、増井も好救援。
“守りからリズムを作る”ファイターズ野球の「半分」を、投手たちが建て直してくれたと思います。

もう「半分」を担う野手たちは。
やっと9回表。
二死走者無しから、稲葉、小谷野の連続安打で二死一三塁のチャンスを作って代打二岡という見せ場は作れました。
結局得点にはならず、負けてしまったけれど。
この“最後まで諦めない”ファイターズらしさの片鱗が、次の試合へとどうかつながっていくように。
何が何でも頑張らなくてはいけません。
2戦で合計8安打1得点。
やられっぱなしで悔しくない打者などいないと思います。
けれど。
8回を三者連続三振に切って取ってマウンドを降りる澤村投手が、自らのベンチに向かって大きく二度吼えた顔を見たとき、相手がこれだけの気合を込めて投げてきているのならば、それに倍する気迫を持ってひとりひとりが立ち向かっていかなければ、勝てるはずがないと思いました。
マウンドに立つ投手が孤独ならば、バッターボックスに立つ打者もまた孤独。
誰も助けることは出来ません。
野球はチームスポーツで、みんなの力を合わせなければ勝てないスポーツではありますが、ひとりひとりの「力」が存分に発揮されなければ、合わせた「力」は大きくなりようもない。
投手が「対打者」ならば、打者は「対投手」。
自分がそのとき何をするべきかをしっかり準備した上で、全力で投手に向かっていく姿に期待したいです。


ぶっちゃけ。
ガンガンぶつけられて痛い思いをした上に、まんまと作戦にはまって踏み込めなくなった挙句、あんなに思いっきり吼えられて。
悔しい!悔しい!悔しい!
ぶつけられたらぶつけ返す、愚かなマネなど決してしてはいけない代わり。
やられたら打ち返せ!!
(難しいのはわかるけど…)



2連敗となって戻ってくる札幌ドーム。
でも。傷を癒しに逃げ帰ってきてはダメです。
英気を養い、前を向いて、しっかり準備をする。
ダメだったことは全部東京ドームに捨ててきて。
「ここから」もう一度スタートです。
進もう!ファイターズ!!




一日一回のクリックをお願いいたします。

2012banner1-1.gif


posted by こなつ at 23:42| 2012ポスト・シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10/27 日本シリーズ第1戦〜かっこわるい野球〜

2012banner2.gif





bc8 生観戦.gif
◆10/27 日本シリーズ第1回戦(東京ドーム)

● F 1 − 8 G ○

F 000 000 001 1
G 000 420 20x 8

投手:★吉川(4)-モルケン(0.1)-森内(1.2)-宮西(1)-矢貫(1)
先発:1中陽 2二杉谷 3右糸井 4左中田 5一稲葉 6三小谷野 7遊金子誠 8捕鶴岡 9投吉川

<試合詳細はファイターズ公式サイトでご確認下さい>



都会に出て行った“田舎モノ”がかっこ悪いのは、自分が“田舎モノ”であることを隠して、都会のやり方に合わせようとするからだと思う。
この試合のファイターズはかっこ悪かった。
舞台は花の大東京。
日本で一番人気のある野球チームであるジャイアンツが目の前にいて。
全国中継のTV放送で、全国津々浦々の野球ファンが自分たちを見ている。
「だから、ちゃんとしなくっちゃ」
“日本シリーズの重圧”の正体はそんなものなのではないかと思う。
どこへ行こうと、どんな舞台だろうと。
北海道の“田舎モノ”は“田舎モノ”に過ぎないし、“田舎モノ”のやる野球以上のものが今更急に出来るわけもない。
『北海道が一番になりました!』と本気で思っているのなら。
かっこつけようとしないで、自分たちの出来ることを一生懸命やれ!
“田舎育ち”の、見た目は不細工でも味のいい野球を見せてほしい。
舞台の大きさに自分たちの大きさを合わせようとする必要などない。
ファイターズはどんなときでもファイターズ。
「よそゆき」のかっこ悪いファイターズはもういらない。
さぁ。
次の試合が待っている。



先発した吉川の序盤大量失点は、チームとしてはもちろん大きな誤算であり、一番の敗因になりましたが、“これから”の吉川にとって、今年もらった数々の賞に劣らぬ大きな経験・財産になる登板だったとおもいます。
自分の実力を、一軍のマウンドでそのまま発揮できるようになった吉川が、「どんなときでも」姿を変えずに投げることの出来る本当の一流投手、本当のエースへとステップアップするために、最後にまた「課題」をもらいました。
あればシリーズでの次の登板、なくても来年へ。
より大きな期待をもって背番号34を待ちたいと思います。
頑張れ!光夫!!


<10/28 予想先発投手>
F 武田勝
G 澤村

ファイターズは勝さんで間違いないです。
試合後のコメントで監督がぽろっと言っちゃってますから(笑)。
う〜ん、やっぱり栗山監督が一番落ち着かないといけないなぁ。
勝さんはいつも通り。
「真っ直ぐは大胆に。緩い球は低く」
それだけ気をつけて、ひとつひとつアウトを取ることだけでいい。
日本シリーズだとか、強力ジャイアンツ打線だとか、すでに1敗したとか、全ての「雑念」を捨ててひとりひとりやっつけていく。
その変わらぬ姿がきっと、野手たちの“正気”も取り戻してくれるはずだと信じて。
粘り強くいきましょう。
頑張れ!勝!!





一日一回のクリックをお願いいたします。

2012banner1-1.gif

posted by こなつ at 12:11| 2012ポスト・シーズン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月25日

ふたつの「枠」〜ドラフトと日本シリーズ〜

2012banner2.gif




ファイターズニュース.gif

◆ドラフト情報2012
http://www.fighters.co.jp/team/draft/2012/

1位 大谷翔平(18) 投手 花巻東高 右投げ左打ち
2位 森本龍弥(18) 内野手 高岡第一高 右投げ右打ち
3位 鍵谷陽平(22) 投手 中央大 右投げ右打ち
4位 宇佐美塁大(18) 内野手 広島工高 右投げ右打ち
5位 新垣勇人(27) 投手 東芝 右投げ右打ち
6位 屋宜照悟(23) 投手 JX-ENEOS 右投げ左打ち
7位 河野秀数(25) 投手 新日鐵住金広畑 右投げ右打ち

先発も中継ぎも若い選手が揃っている投手陣には、すぐに輪の中へと加わっていける大学・社会人の即戦力右腕を。
今もっとも大きな補強ポイントである内野手には、杉谷・中島・加藤・西川たちと競い合って成長していくことを期待して強打の高校生を。
球団としての方針ははっきりしていると思います。
あとは、指名された彼らが入団してからのこと。
アマチュア時代の実績も欠点も知らないし、実際興味もありません。
プロは入ってからが勝負の世界。
この中から一人でも多く、札幌ドームでプレーできる選手が育ってくることを願うだけです。

2012年ドラフトも話題性では他球団をぶっちぎったファイターズ(笑)。
ドラフト直前にアメリカ行きの希望を明らかにした大谷投手を、こちらも事前に「指名する」と公表。
追随する球団は結局現れず、単独で交渉権を獲得しました。
大谷投手も、よくよく考えた上でのアメリカ行きの決断でしょうから、今更日本プロ野球のチームから指名されたところで簡単に翻意することはないでしょう。
けれど。
話を聞くだけでも無駄にはならないと思います。
よくよく考えたといっても、それは大谷投手を取り巻くごく限られた「枠」の中で考えたこと。
若いからその枠が小さいとかいうことではありませんが、例えば、9月にプロ志望届けを提出したことで「プロ入りの意志あり」の前提でドラフト戦略を練ってきた各球団が、突然ドラフト4日前に「やっぱりアメリカに行きます」と宣言されて、どれだけ困ったかわかっていないだろうし、まして迷惑をかけるだろうなと想像することが、彼自身も彼の周囲の人たちにも出来なかったのは、それが「外の世界」に属する事象だからだと思います。
大谷くんが知らないことは沢山ある。
「枠」の外にはどういう理屈があるのか、「枠」の外から自分はどう見えているのか、外の人は自分がどうしたらもっと幸せになれると考えてくれているのか。
とりあえず、聴く耳はもっていても損はない。
大谷投手には大谷投手の夢があるように。
ファイターズというチームには、ファイターズの夢と信念がある。
ある意味ではどちらも「大人げのない」両者(笑)。
思いっきりぶつかり合ってほしいと思っています。




日本シリーズは公式戦とは違い、40人の出場資格者を事前に公示し、その中から試合ごとに25人のベンチ入りメンバーを決めます。
つまり。この40人に入った選手には日本シリーズに出場する可能性がある代わりに、枠の外に残った選手には残念ながらチャンスはありません。

ファイターズニュース.gif
◆日本シリーズ 出場資格者
http://nipponseries.npb.or.jp/2012/team/fighters.html

▽投手 石井、乾、ウルフ、斎藤、増井、武田久、宮西、八木、根本、矢貫、吉川、中村、武田勝、木田、森内、谷元、モルケン、多田野
▽捕手 鶴岡、中嶋、大野、近藤
▽内野手 田中、飯山、小谷野、中田、金子誠、ホフパワー、二岡、西川、岩舘、今浪、中島、杉谷
▽外野手 糸井、陽岱鋼、稲葉、鵜久森、村田、紺田

40人という「枠」の中にも、ベンチ入りできる25人の「枠」があり、さらには試合に出られる選手の「枠」、スタメン出場選手の「枠」へと、選手みんなが越えていきたいと望んで止まない「枠」はどんどん小さくなっていくけれど。
日本一になるためには、この40人全員が戦力。
例え一度もベンチに入ることがなかったとしても、全員が「絶対に勝つ」闘志を胸に、万全の準備をしてジャイアンツに向かっていってほしいと思います。
頑張れ!ファイターズ!!




続きを読む
posted by こなつ at 23:06| Fニュース2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月23日

ヒカリトカゲ

2012banner2.gif



今日の道スポに、某評論家氏の日本シリーズの勝敗予想コラムが掲載されていました。
前半部分はCSを勝ち抜いたジャイアンツの戦い方を賞賛する文章が続き、その後、このジャイアンツの流れは日本シリーズでも続く、と予想。
対するファイターズは「レギュラーシーズンで、パの5チームのうち3チームに負け越している。弱いチームには圧倒的に強いけど、強いチームには弱い」ので、ジャイアンツにとって怖い相手ではない。
よって4勝2敗でジャイアンツが勝つ、とのことです。
ジャイアンツに勢いがあるのはわかります。また、ファイターズのレギュラーシーズン成績もその通り。
予想結果だってもしかしたら当たるかもしれません。
けれど。相手と自分の間に実力差が大きければ勝敗にも大きな差がつくだろうし、逆に力の差がなければ勝敗は接戦になるのが普通のことだと思います。
現に「強い」ジャイアンツだとて、2位ドラゴンズとは11勝10敗(3分)、3位スワローズとは11勝9敗(4分)とほぼ互角の対戦成績であって、その他3チームに対して大きく勝ち越したから最終的に大差でリーグ優勝を果たしているわけで、ジャイアンツがファイターズと違って「強い相手に強い」からではありません。
評論家という「野球を分析し、伝える」プロフェッショナルによる、ファイターズのことをよく知らないのはともかく(全てのチームの全ての試合を見るわけにはさすがにいかない)、余りにも根拠に欠ける“説明”は野球をつまらなくするだけです。
別にファイターズに不利な予想を怒っているわけではありません。
ただ。他球団ファンの方も日本シリーズが楽しみになるような「まともな」評論で盛り上げてほしいなぁと思うだけです。



ファイターズニュース.gif
◆吉川投手と鶴岡捕手が「2012プロ野球最優秀バッテリー賞」を受賞http://www.fighters.co.jp/news/detail/3122.html

<吉川光夫投手(初)>
「一人で獲れる賞ではないので特別なうれしさがあります。鶴岡さん相手に投げさせてもらえたから獲れた賞だと思っています。来年以降、自分自身もっと成長して、鶴岡さんと続けて何度もいただけるように頑張ります。」
<鶴岡慎也捕手(初)>
「この賞をいただけるなら去年までだと思っていました。吉川がこの一年ですごく成長して、僕にもこの賞を獲らせてくれたので感謝しています。来年は誰が見てもエースと言われるようなピッチャーになってもらって、二人でまたこの賞をいただけるように頑張ります。」

資格条件の目安は、先発投手なら10勝(リリーフだと20セーブポイント)、捕手についてはインサイドワーク、盗塁阻止率の高さ、捕逸の少なさなどだそうです。
鶴岡に関しては、盗塁阻止率は高くないし、捕逸もリーグでは多いほう。つまり、インサイドワークを認められたということだと思います。
本人はダルビッシュと組んでいる間に受賞の可能性があるかと思っていたようですが、逆にダルビッシュが凄すぎたために、捕手の“影響力”が評価されにくく、バッテリーふたりの共同作業として認められなかったのではないか。
しかし、吉川の場合は、過去3年間未勝利の「未完の大器」が一気にチームのエース級へと飛躍したわけですから、その“影”に本人の実力以外の何かも必ずあると想像され、その第一番は栗山新監督ですが、吉川自身がいつも感謝のコメントを残す「鶴岡さんのリード」も一躍脚光を浴びた形になりました。
他所からはチームの危機にしか見えなかったであろうダルビッシュのメジャー移籍は、吉川をはじめ投手たちの成長を促し、また、捕手鶴岡にも新しい可能性を広げたという意味では、ファイターズに、戦力的ダウン以上のプラス効果をもたらしたのだと今は思います。
ダルビッシュは、リーグ優勝したファイターズを見て「僕がいなくても大丈夫だということ」みたいに言ってましたが、ダルがいなくても大丈夫というよりも、ダルがいなくなったから大丈夫になった。
大黒柱が抜けるということは、時としてチームを“強くする”。
そういう風に、ピンチをチャンスに変えられるチーム力を保ち続けてほしいです。


ファイターズニュース.gif
◆来季契約についてhttp://www.fighters.co.jp/news/detail/3120.html

北海道日本ハムファイターズは本日10月23日(火)、千葉県鎌ケ谷市のファーム施設にて宮本賢投手(28)、市川卓選手(26)、関口雄大選手(27)の3選手に対し、来季の契約を結ばないことを通達いたしましたので、お知らせいたします。

<宮本 賢>
2007年、希望枠で入団。6年目(吉川と同期)

<市川 卓>
2005年、ドラフト5位入団。8年目(ダルビッシュと同期)

<関口雄大>
2007年、育成ドラフト1位でベイスターズ入団。
2010年、トレードによりファイターズへ移籍。プロ通算6年目。


ひょっとしたら。
吉川だって遠からず彼らと同じ道をたどったかもしれない。
だとしたら。
反対に彼らにも、持てる才能を存分に発揮できる可能性があったかもしれない。
プロ野球の世界に入り、同じように決して短くない年月を過ごし、それでもひとりひとりの選手たちの歩む道のりは大きく、あまりにも大きくかけ離れていく。
夢は正夢になることもあれば、夢のままに終わることもある。
それでも追い続けるか。違う道を選ぶか。
彼らにしか決めることは出来ない…。





一日一回のクリックをお願いいたします。

2012banner1-1.gif


posted by こなつ at 23:59| Fニュース2012 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。